MIKURI house

時の風の吹くすまい

f0108696_21544392.jpg













前面道路から見る外観。
シンプルな切妻の屋根。
イエらしいカタチの原型。
周囲の環境に馴染むように、全体をグレー色で。



f0108696_11636.jpg




















玄関アプローチ。
庇のある玄関ホール、人を招き入れるくの字の壁、くの字に曲がったベンチ
を造り付けて、ご近所の語らいの場になるように。
雨に濡れない自転車置き場も兼ねて。



f0108696_13351652.jpg




















こじんまりした玄関ホール。
正面は広間への建具。左側は土縁への建具、右側は玄関収納からキッチンへの建具。広がりのある工夫。床はモザイクタイル、壁は杉板張り、天井は白ペンキで、壁には鍵などを置くためのニッチをつけました。式台の下にはクツが入るようになっています。



f0108696_14211165.jpg




















軒下の土縁、ぬれ縁への開口部。



f0108696_14282659.jpg




















リビングからの眺め。
神社の境内の借景を最大限に取り入れる2間開口の木建具。軒の出1間のぬれ縁。雨戸、網戸、ガラス戸、障子は戸袋の中に収納できるように。床は杉縁甲板張り、壁はしっくい塗り、天井は白ペンキの仕上げ。


f0108696_1515057.jpg














木建具をしめた姿。左側は玄関から、右側は2階への階段。




f0108696_15235670.jpg




















玄関からの冬の冷気を遮るための建具。 



f0108696_15534083.jpg




















2階への階段。



f0108696_15552544.jpg




















やわらかい障子のあかり。



f0108696_15565134.jpg




















シンプルな杉のガラス戸の建具。



f0108696_17275380.jpg














北面キッチン、ダイニングコーナーを見る。
こちらも南側と同じように開口部が全開して、ガラス屋根のぬれ縁になっています。ゴミ出しの勝手口になる開口部もあります。ダイニングテーブルとソファーを置いた時に壁を傷つけないよう105角の角材を埋め込んで飾り棚にもなるようにしてあります。



f0108696_1559686.jpg




















2階ホール。庇のあるバルコニーは雨の日の物干場。きちんとお布団も干すことのできる場所。



f0108696_166789.jpg




















2本の丸柱で仕切る事出来る子供室。床は杉板縁甲張り、壁と天井は白ペンキ塗りで。



f0108696_1674725.jpg













子供たちのギャラリースペースになるように窓枠は長さと出巾を大きくして取り付け。



f0108696_16105572.jpg




















キッチンから玄関をみる。家具屋さんがつくったシンプルなキッチン。天板はステンレス、扉はオイルペイント塗り。壁はタイル貼り。床はお掃除がしやすく、お皿を落としても割れにくいコルクタイル貼り。



f0108696_16584179.jpg




















洗面・脱衣室。
造り付けの洗面台。大きな洗面器とモザイクタイルで、湿気がたまる下部はオープンに。カガミの裏は収納になっています。床はお掃除がしやすいコルクタイル貼り。



f0108696_1711342.jpg




















お風呂。
クライアントからの借景を取り入れてほしいとのご要望で。ぬれ縁に出る事のできるようにはき出し窓で露天風呂風に。






施工者  有限会社大幸建築

地域 三重県四日市市阿倉川
完成年 2011年

建蔽率 41,96% 

容積率 53,19% 

敷地面積 220.57(66.84坪)

建築面積 92.54(28,04坪)

延床面積 117,32(35,56坪) 

構造 木造

規模 地上2階


敷地は閑静な住宅街の少し奥まったミニ開発された住宅郡の一画。南側には神社の境内の美しい四季の緑が眺めらる。借景を最大限に取り入れるために配置を考え、広間には2間間口の全開出来る天井までの高さの窓を南北に設けた。限られた予算を適材適所に振り分けコストバランスのいい建物を目指し、小さくても大きく暮らす事の出来るように、なにげない暮らしが普通に出来るように、軒の深い軒先空間をつくり、外に開いた心地よい居場所をちりばめる工夫をした。窓をしめている時間の姿を美しくみえるように木の建具を使い、障子を設え、やわらかい質感、やさしい光を感じる佇まいをイメージした。              
by i-genba | 2001-03-16 19:53


<< Tea House smoke hut >>