Tea House

風の舞台のある平屋建てのコートハウス



f0108696_11422713.jpg













前面道路から見る外観。



f0108696_11432972.jpg




















浮遊感のあるオープンデッキ。



f0108696_11445152.jpg




















風景を取り込む窓。



f0108696_11553337.jpg














個室から中庭を見る。



f0108696_1159841.jpg













リビングから中庭を見る。



f0108696_120104.jpg




















カウンターキッチンを見る。



f0108696_1204668.jpg














キッチンはリビングより一段下がって、カウンターと同じ高さになっています。



f0108696_1213394.jpg














中庭から廊下を見る。
廊下にはベンチコーナーをつくって、読書スペースに。



f0108696_122190.jpg













中庭からリビングを見る。




f0108696_1233637.jpg













建具をオープンにすれば空のリビングに。




f0108696_124658.jpg




















愛用のYチェアーに合わせたカウンター。



f0108696_1252256.jpg




















玄関アプローチを見る。
杉丸棒でつくられたベンチと板塀。



f0108696_15191067.jpg















表札 鉄作家金森正紀




施工者 株式会社杉本プラスター
地域 三重県鈴鹿市
完成年 2007年
建蔽率 43.92%
容積率 36.11%
敷地面積 229.56(69.56坪)
建築面積 100.83(30.55坪)
延床面積 82.90(25.12坪)
構造 木造
規模 平屋建

設計主旨
幹線道路に近く前面道路側の東面には公園の緑があり、
周囲には2階建ての建つ住宅地の一画。
中庭をつくることで光と風を導くようにレイアウト。
床座のレベルの視線で空間を区切る工夫。
人と風の間合いのカタチ、ものとの距離感の関係、
その場所と人との関係を考える。
その間の気配、風、光、目に見えない間合いを
目に見えるカタチ、見えないカタチのバランスで、
空間を間仕切る。
by i-genba | 2001-03-16 20:15


<< Rain House MIKURI house >>