<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Fan House

平面が扇のカタチをしています

f0108696_1982650.jpg
by i-genba | 2006-05-31 19:10 | Fan House

キザミ 2

作業小屋で地組をして棟木と隅木と登り梁の仕口の加工

f0108696_193343.jpg
by i-genba | 2006-05-31 19:04 | MaRio House 

チョー張り

南面の公園を取り込むようにレイアウト


f0108696_18543241.jpg
by i-genba | 2006-05-31 19:01 | Leaf Hut

KIGUMI

大工さんのつくった軸模型
縮尺が1/10なので結構大きいですよ。

f0108696_19233184.jpg









f0108696_1924151.jpg









f0108696_19241569.jpg
by i-genba | 2006-05-29 19:28 | MaRio House 

地鎮祭

Leaf Hut 
地鎮祭を行いました。

f0108696_19152376.jpgf0108696_19154423.jpg
by i-genba | 2006-05-29 19:24 | Leaf Hut

キザミ

美杉村の葉枯らし材
美しい赤身

f0108696_15325541.jpg
     最後の仕上げの貫穴加工
f0108696_1533844.jpg

by i-genba | 2006-05-29 15:53 | MaRio House 

カタ

ベース打ちが終わり、全体のカタチが見えてきました。
基礎の型枠
規格化された型

f0108696_15163282.jpg








ものづくり
勝手なカタチと規制の中のカタチ
自由と勝手の違い
本当の自由とは秩序の中の自由
バランスの取れた自由
美しいカタチ
by i-genba | 2006-05-29 15:27 | MaRio House 

スリーブ

配筋の前に設備配管のスリーブ入れ。

こちらの方ではよく見かける光景が親子で現場。 
基礎屋さんはお母さんといっしょにやっています。
なんとなく好きな光景です。


f0108696_19184393.jpg
by i-genba | 2006-05-17 19:26 | MaRio House 

やりっ放し

基礎
レベル差があるので、低い方から打っていきます。
ここは玄関アプローチ、自転車置場になります。
やはり自転車は必要だと思うので、雨がかからない
置場を考えます。

基礎の肌(仕上げ)は本来、打放しがきれいですが
このようにチョットあらい表情の、人の手でつくったあとが残るのも
好きです。

f0108696_13435371.jpgf0108696_1344673.jpg
by i-genba | 2006-05-10 13:47 | MaRio House 

プレカット

現場、基礎掘り方を見て、
プレカット工場での打ち合わせ。

やはり、扱っている材木はほとんど外材
これが今の時代のつくり方
この現実を見なくては、木造は語れない

f0108696_20133520.jpgf0108696_20143163.jpg
by i-genba | 2006-05-01 20:17 | MaRio House